取っておきたいインフラエンジニアの資格とは?

 

インフラエンジニアとは

 

IT業界では、日々新しいサービスやアプリ、ゲーム、システムなどが生み出されています。
そのサービスを陰で支えているのが、インフラエンジニアです。 インフラエンジニアは、日々、サービスが正常に動くようにインフラの管理・保守や運用をしています。

 

インフラとは何か?

 

インフラは生活に必要不可欠なもの

下水道、電気、ガスなど生活にはなくてはならない施設やサービスのことです。ここで「下水道」、「電気」、「ガス」について考えてみましょう。
これらは全て、日常生活に必要なものです。
電気、ガスがない生活を考えてみてください。どうでしょうか?ものすごく生活に不便だと思います。

 

インフラ

 

インフラ」とは本来は「下部構造」「下支えするもの」という意味です。
インフラがあるからこそ、日常生活を快適にすごせると言ってよいほどです。このようにインフラとは、陰ながら我々の生活を支えているものなのです。

このインフラ、もちろんですが、IT業界にもあります。

 

 

IT業界のインフラとは、サーバーやネットワーク環境のことです。このサーバーやネットワークの環境が正常に動いているからこそ、携帯電話、インターネット通信、アプリケーションやサービスが正常に動きます。このITのインフラを整備する人を、インフラエンジニアと言います。

インフラの仕事は、あまり目立ちませんが、最も重要な仕事でもあります。

 

インフラエンジニアの資格とは?

 

シスコシステムズのCCIEとは?

インフラエンジニアには何種類か資格があります。その中でも一番難易度が高いものがCCIEです。

CCIEはシスコシステムズが認定している資格のことです。
シスコシステムズはアメリカに本社がある世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社です。

システムズには、ネットワーク機器、スイッチ、ルーター、セキュリティ、サーバーなど様々な製品があります。

 

写真:シスコシステムズ

 

シスコシステムズの製品は、教育現場から医療現場まで、様々な場所で使われています。

そんなシスコシステムズでは、インフラエンジニア・ネットワークエンジニアの資格CCIEというものがあります。この資格は難易度が高く、ネットワークの資格の中で最高位とされています。

 

 

難易度は、上記のようになっています。CCIEを持っている人は、3%程度と言われています。

CCIEを取得するには、実務経験を数年積むことが推奨されています。さらに筆記試験とラボでの実技試験に合格する必要があります。

CCNA / CCNPはネットワーク関連の資格の中でも有名です。、2つとも合格ができればプロフェッショナルな知識を保有していると認めてくれる企業が多いです。

 

インフラエンジニアの資格02

 

LPIC(エルピック)とは?

LPICは、Linux技術者認定機関「LPI」が認定するLinux技術者認定資格のことです。

OSの中で特に人気のあるLinuxの技術資格です。リナックスは世界でも多く使われているため、LPICを持っていると、世界でも働くことができます。さらに、リナックスはどこかの企業(ベンダー)の資格と違い、中立な立場をとっています。

 

どのくらいの人が受験しているのか?

LPICは世界中で50万人が受験をしています。世界150ヶ国以上で資格を取ることができ、Linux技術者認定試験では圧倒的であり、世界一になっています。

リナックスエンジニは日本でも数が足りていません。そのため、リナックスの資格を取る人は年々増えています。

LPICには3つのレベルがあり、初級から上級へとステップアップしていけます。

LPICは実務的な内容が多く、Liunxについて根本から学べるため、長期的に役に立つ知識を得ることができます。

 

LPICを独学で勉強する本

参照:アマゾンLPICで検索

 

独学で学ぶ本なども出ていますので、参考にアマゾンなどで買ってみるとよいかもしれません。

 

 

インフラエンジニアの資格03

 

マイクロソフトMCSE

巨大企業マイクロソフトのインフラ資格です。マイクロソフトには、MCPという資格があります。この資格の中に、MCSEがあります。

 

 

MCSM: 世界全体でも拾得者が少ない資格です。

MCSE: システムやアプリケーションを設計できるスキルを持つIT技術者であること。

MCSD: システム構築やアプリケーション開発等、技術的に高度なスキルを持つ開発者であること。

MCSA: マイクロソフトの主要なプラットフォームに関する専門スキルを持つことを証明する資格。
MTA: 土台となる資格。初級者向け資格。 サーバー管理の基本、ネットワークの基本などを勉強、習得できます。

 

この資格をもっていると、 ID 管理、システム管理、仮想化、記憶域、ネットワークの専門知識のスキルがあると認定されます。最先端であるクラウドに対応した人財であると認められるので、仕事をするのには有利になります。

クラウド管理、クラウドアーキテクトなどの知識が必要です。

 

 

インフラエンジニアの資格04

 

オラクルの資格 オラクルマスターとは?

ITの技術者をしているなら、一度は見位にしたことがある、「オラクルマスター」。

オラクルという世界最大のデータベースソフトメーカーがあることをご存知でしょうか?

本社はアメリカのシリコンバレーにあります。IT業界ではもはや伝説の、あのシリコンバレーの大企業です。

このビルは、オラクルが扱っている、データベースに似せて建てられたビルです。

 

オラクル本社

参照:Not Only IT But

 

創業者は、IT業界の有名人ラリー・エリソンです。

このオラクルの主要な製品が、リレーショナルデータベースです。この、リレーショナルデータベースにはWindowsとUNIXがあり、世界的にも高いシェアがあります。

 

オラクルには、製品を扱う技術の認定資格があります。この資格は3つに分かれています。

「Silver(シルバー)」「Gold(ゴールド)」「Platinum(プラチナム)」です。この資格をすべてマスターすると「オラクルマスター」と認定されます。

試験内容はOracle Databaseを使ったデータベースの管理、運用、保守や、SQLに関しての問題です。オラクルマスターは知名度が高く、世界でも通用します。多くの大企業で評価されやすい人気な資格です。

 

 

インフラエンジニアの資格 まとめ

 

インフラエンジニアの資格についてはいかがでしたか?

必ずしも資格が必要ではありませんが、資格を持っていると転職や仕事をする上では有利となります。

インフラエンジニアは地味な仕事ではありますが、社会にIT業界になくてはならない仕事です。ぜひインフラについて知識を深めて、よいインフラエンジニアになってください。

<< トップへ戻る

 

 

 

お問い合わせ

 

【ITフリーランス・エンジニアのお仕事紹介】

レナータでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に地方も福岡、大阪、仙台等、全国で多くのエンジニアに案件をご紹介しております。上流〜下流、JAVA、C#などのオープン系言語の開発案件やインフラ、コンサルティング案件と、様々な案件が沢山あります。非公開の案件も多くございますので、ぜひご相談ください。

 

【対応地域】

中央区・中野区・練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区など東京を中心に埼玉、神奈川、千葉をはじめとした一都六県、また仙台・大阪・福岡・大分といった地方でもエンジニアのお仕事紹介実績、案件がございます。

エンジニア、フリーランスで案件をお探しの方は、ぜひエントリーください。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

新着案件

サービス

エンジニアの声

お仕事までの流れ

よくある質問

会社概要

社長挨拶

法人様お問い合わせ

エントリー

 

 

 

株式会社レナータ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町6番7号

渋谷アムフラット1階

TEL: 03-6416-0615