Javaの学習方法

 

独学でも大丈夫?Javaを効率よく学ぶ方法とは?

Javaは、言語の中でも人気があり、多くの大規模案件があります。さらに案件も多数ある傾向にあり、知見を深めるとより上質な業務に、長期にわたり就くことが可能となります。

そんなJavaですが、勉強するのにどの程度時間がかかるものなのか?について見ていきましょう。

 

 

 

Javaの学習にかかる時間は?

 

はじめての人は400~500時間

個人差はありますが、Javaは初心者にとって比較的難易度が高く、挫折しやすい言語とも言われています。人によっては1000時間かかるともいわれています。

1日3時間 勉強したとしても100日程度かかります。3ヶ月~6ヶ月程度でしょうか。

 

 

プログラミングの世界は奥が深く学習しようと思えば、いくらでも学習できます。こだわろうと思えば、はてしなく追及できてしまいます。何の目安も持たずに学習をスタートすると、終わりのない学習を続けてしまい、どこで区切ったらいいのか?わからなくなります。

本来は、どのようなシステムを作りたいのか?をまずイメージすることが大事です。作りたいプロダクトから逆算して勉強していくのが正しい勉強の方法です。むやみにすべてを学ぼうとすると、かなり遠回りになってしまいます。

 

とくに、初心者はデータベースあたりで挫折してしまうので、注意が必要です。

独学の場合、本を買って勉強すると思いますが、これにも課題があります。それは、本のソースコードが間違っている・・・という点です。まさか・・・と思いますが、残念ながらありえることかと思います。

ですが、複数の本をそろえて勉強すると、いろんな確度からの追求が可能となるので、疑問点がすくなくなることかと思います。

 

まずはサンプルを改造できるレベルを目指しましょう。

 

スタート~30時間

 

最初の30時間は

まずは開発環境について勉強しましょう。Javaは動作環境を準備することが比較的容易であり、しかも無料です。。

Eclipseなどを使用しているエンジニアも多いかと思いますので、それをインストールして開発環境を整えるのがオススメです。

 

そして、基本的な構文のルールを覚えていきます。学習時間は30時間位を目安にしましょう。はじめのうちは、手を動かして、言語に慣れることが大事です。

スッキリわかるJava入門/中山 清喬, 国本 大悟著/インプレス」などの書籍を買ってきて、勉強をしてみましょう。

この本は、一度Javaの勉強をしようと思って、挫折してしまった・・・という人にもオススメです。

Javaの概念についてや、オブジェクト指向などについても書いてあります。

 

さらに「Progate」という学習できるサイトがあるので、試してみましょう。

 

 

基本的な動作について学びましょう。

 

最初の70~100時間

ライブラリについて勉強してみましょう。初心者が一気に覚えるのは無理があるので、書籍の順番通りにこなしていきます。

ファイルの入出力やネットワーク、数値計算など、一般的な処理は、標準ライブラリで大丈夫です。

エラーが多発して、エラーを修正するのに時間を使っている状態です。

 

 

100~200時間

簡単なプログラムを書いてみましょう。ポイントは、自分が楽しめるものを作ることです。

動くまで大変ですが、動いたときに充実感があります。

続けて、サーバーサイドプログラミングやフレームワークについても学習しておきましょう。

 

200時間以降〜

とにかくどんどん作ってみましょう。

 

Javaでつまずくポイントとは?

 

オブジェクト指向

Javaは、オブジェクト指向を主軸においた言語です。初心者がつまずきやすいのが、「オブジェクト指向」です。

オブジェクト指向挫折して、勉強をやめてしまった・・・という人も多いのではないでしょうか?

 

基本的にPHPやRubyの基礎学習オブジェクト指向をあまり深く追求して勉強しません。しかし、Javaの場合は基礎段階からしっかり詳しく学習する必要性にせまられます。

 

なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのか/小森裕介著/技術評論社」というオブジェクト指向を勉強するには良い書籍があるのでこの本でオブジェクト指向の考え方を身につけましょう。

中古で1100円程度で買うことができます。

 

オブジェクト指向の原則である、「カプセル化」「継承」「ポリモーフィズム」について学び、理解を深めることができます。

 

カプセル化:できるだけ他のプログラムから干渉されないように/他のプログラムに干渉しないようにする仕組み
継承:再利用性を高める考え方
ポリモーフィズム:振る舞いを様々に変えられる仕組み

 

さらに、オブジェクト指向言語プログラミングでは、「クラス」「メソッド」「インスタンス」を活用するのが当たり前です。

本格的に開発をするには、それぞれの役割を正しく理解し、設計をしていく必要があります。

 

初心者が独学をする場合、つまずいた場合に誰も助けてくれない状況になってしまいます・・・

モチベーションがかなり下がるので、TwitterやFacebookなどのSNSでビギナー仲間を探して一緒に勉強するとよいです。

 

経験がある人

 

ある程度の経験がある人は、Javaの言語構文の学習から始めましょう。

すでに取得している言語がC系の言語なら、キーワードが共通しているので覚えやすいかもしれません。

 

どの言語の開発経験が有るかにもよりますが、「オブジェクト指向」がしっかり分かっている人なら、数十時間で使えるレベルまでなることができます。

Javaではオブジェクト指向は必須項目なので、必ず勉強して、理解をしておくようにしましょう。

Javaポケットリファレンス/WINGSプロジェクト, 髙江 賢著/技術評論社

などを買ってきて、学習するとスキルが早く身に付きます。

 

つぎにJavaの「ライブラリ」について勉強をしましょう。

オンライン上の公式APIドキュメントは日本語化されているので、とても参考になります。一通りざっと目を通しておくとよいです。
習得している言語でよく使っているAPIが用意されているのかもチェックしておくとよいでしょう。

 

C言語などの「手続き型」と呼ばれるような言語の経験がある人は、50〜100時間学習が必要だと思っておきましょう。

 

その後、サーバーサイドのプログラミングを学習しましょう。

JSP(Java Server Pages)やサーブレットの知識が必要になります。そして、最後にフレームワークの学習をします。

フレームワークには、Spring FrameworkやPlay Framework、JSFなどのフレームワークがあります。開発現場では、必ずなんらかのフレームワークを利用しています。


 

Javaの学習方法のまとめ

 

Javaの学習方法についてはなんとなく理解ができましたでしょうか?

未経験者の場合、少し時間がかかりますが、Javaを習得しておくと、仕事に困ることはありません。

Javaはオブジェクト指向でつまずくことが多いので、オブジェクト指向だけの本を1冊用意して勉強に取り組むようにしてみましょう。

フリーランスとして活躍していくには、Javaの習得は、選択肢としてはかなり有効な言語のうちのひとつかと思います。ぜひ、Javaを勉強して、「稼げるフリーランス」なってください。

 

<< トップへ戻る

 

 

 

お問い合わせ

 

【ITフリーランス・エンジニアのお仕事紹介】

レナータでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に地方も福岡、大阪、仙台等、全国で多くのエンジニアに案件をご紹介しております。上流〜下流、JAVA、C#などのオープン系言語の開発案件やインフラ、コンサルティング案件と、様々な案件が沢山あります。非公開の案件も多くございますので、ぜひご相談ください。

 

【対応地域】

中央区・中野区・練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区など東京を中心に埼玉、神奈川、千葉をはじめとした一都六県、また仙台・大阪・福岡・大分といった地方でもエンジニアのお仕事紹介実績、案件がございます。

エンジニア、フリーランスで案件をお探しの方は、ぜひエントリーください。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

新着案件

サービス

エンジニアの声

お仕事までの流れ

よくある質問

会社概要

社長挨拶

法人様お問い合わせ

エントリー

 

 

 

株式会社レナータ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町6番7号

渋谷アムフラット1階

TEL: 03-6416-0615