ネットワークエンジニアの仕事と将来性とは?

 

ネットワークエンジニアとは?

パソコンの電源をつけて、ネットにアクセスして様々な情報を手に入れる。スマホを片手に、アプリを楽しむ。普段くつかっているスマホやパソコンですが、ある人物の仕事がないと、この便利な機能は使うことができません。

 

ネットワークエンジニア

出典:イーネットソリューションズ様

 

すべてのITを支えている縁の下の力持ち、それが「インフラエンジニア」です。とっても大事な仕事でありながら、その地味さゆえにあまり知られていない「インフラエンジニア」。

今回は、インフラエンジニアの中の、「ネットワークエンジニア」についてご紹介いたします。

ネットワークエンジニアとは何をする仕事なのか?さらにネットワークエンジニアの将来性とは? 知っていただければ嬉しいです。

 

ネットワークエンジニアとは

 

インフラを構築する仕事

オフィスなどのネットワークを構築するエンジニアのことです。OSの設定、セキュリティの構築、スイッチやルータを設置して、設定します。サーバーに関する幅広い知識が必要です。

ネットワークエンジニアは、クライアントの担当者と意見交換をすることが多いので、コミュニケーション能力が必要になります。

 

 

 

ネットワークエンジニアとは?

 

WAN系(Wide Area Network)のエンジニアとLAN系(Local Area Network)のエンジニアに分かれています。

ひと昔前はITU(International Telecommunications Union)で規格化されているwan系のエンジニア。

 

 

その後、IEEE(Institute of Electrical and Electronic Engineers)で規定化された技術を使ったLAN系のエンジニア。

現在では、IETF(Internet Engineering Task Force)が中心となって規格化しているメールサーバ、DNS(Domain Name System)、WWWサーバなどの知識が必要になっています。

さらに、ネットワークエンジニアには、セキュリティの知識も必要とされています。

 

 

ネットワークエンジニアと障害

 

システム障害はまず「ネットワーク」から

システム障害が起きた時に、まず最初に疑われるのが、「ネットワーク」です。ネットワークに問題がない場合、はじめて、コンピューター側に原因があるのでは?となります。

 

コンピューターとコンピューターをつなぐのがネットワークの仕事です。コンピューターのエラーは、コマンドを入力するとエラーメッセージが出てくるので、比較的わかりやすく、目で見ることができます。

しかし、ネットワークは、目で見ることができない部分が多いと言えます。

「ログインできない」「ファイルにアクセスできない」など、コンピューターが悪いのか?ネットワークが悪いのか?漠然としている中から、結果を予測して、障害開所をつぶして、特定していきます。

 

 

ネットワークエンジニアの仕事とは

 

案件にもよりますが、ネットワークエンジニアは、上流工程と下流工程では担当者が分かれています。

それぞれの工程でも複数のメンバーが担当します。規模にもよりますが、通常はひとりで仕事をすることはありません。

上流工程を担当するエンジニアをビフォアSE、下流工程を担当するエンジニアをアフタSE、サービスエンジニアやフィールドエンジニアと言う場合もあります。

 

 

現在では、クラウドが普及しているため、いままで会社で構築していたサーバーなどは外部会社、外部のサーバーに移行しています。

社内での運用から、サーバー会社での運用に切り替えている会社も増えています。そのため、保守や管理と言った下流の仕事は減っています。しかし、上流の仕事は増えているのが現状です。

 

上流工程でやること

上流工程では、顧客と直接会い、要望をヒアリングします。さらにその要望をどのように叶えるのか?について詳細な設計をしていきます。ネットワークの知識にくわえて、コミュニケーションスキルが必要になる仕事です。

 

1客先に行きヒアリングをする

お客様が何を求めどのようなシステムを構築したいかなどお客様の考えるシステムの要件を引き出します。コミュニケーションスキルがとても重要になります。さらにかなりの知識や経験が必要になります。

 

2、お客様の要件を分析:
ヒアリングした要件(もしくは要求仕様書)を分析します。予算、現在のネットワーク構成、使用するネットワーク機器(ルータ、スイッチなど)の種類と数、使用する回線の選択、などを行っていきます。

 

3.提案書作成と提案:
分析した要件を検討して、ネットワークシステムを提案書としてまとめます。ここがネットワークエンジニの腕の見せ所になります。ベンダ-によって利用するネットワーク製品が異なります。小さな機器を複数台使用するか?大きな機器でまとめるかなど予算に合わせて検討していきます。

広域回線を利用するネットワークシステムの場合には、回線費用が毎月のランニングコストに大きく関係するので回線の選択はとても重要です。回線業者も新しくて安いサービスを提供していますので最新の情報を常に意識する必要があります。

 

4.基本設計:
システムを受注した場合、お客様と打ち合わせを実施します。

ネットワークの基本設計をおこない、基本設計書をつくります。基本設計書にはネットワーク構成やバックアップルートの考え方など基本的な考え方を記入しておきます。

 

5.詳細設計:
基本設計をもとに各ネットワーク機器のこまかい設定内容をまとめます。ケーブルの配線、ルートなども検討していきます。

構築のスケジュールを記載した導入計画書、テストの計画を記載したテスト計画書などの仕様書も作成します。

ここまでが上流工程です。ここから、構築や保守についてどうするか?を決めていきます。

 

ネットワークエンジニアの資格とは?

 

シスコシステムズのCCIEとは?

ネットワークエンジニの資格には種類かあります。その中でも一番難易度が高いものがCCIEです。

CCIEはシスコシステムズが認定している資格のことです。
シスコシステムズはアメリカに本社がある世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社です。シスコシステムズには、ネットワーク機器、スイッチ、ルーター、セキュリティ、サーバーなど様々な製品があります。

 

写真:シスコシステムズ

 

シスコシステムズの製品は、教育現場から医療現場まで、様々な場所で使われています。

そんなシスコシステムズでは、ネットワークエンジニアの資格CCIEというものがあります。この資格は難易度が高く、ネットワークの資格の中で最高位とされています。

 

 

難易度は、上記のようになっています。CCIEを持っている人は、3%程度と言われています。

CCIEを取得するには、実務経験を数年積むことが推奨されています。さらに筆記試験とラボでの実技試験に合格する必要があります。

CCNA / CCNPはネットワーク関連の資格の中でも有名です。、2つとも合格ができればプロフェッショナルな知識を保有していると認めてくれる企業が多いです。

詳細はこちら>>

 

ネットワークエンジニアの収入と将来性とは?

 

ネットワークエンジニアの年収は20代では400万前後からスタートします。40代になると、600万前後の収入が期待できます。フリーになると、さらに稼ぐことができるようになります。

 

ネットワークエンジニアには、安定した仕事があります。メーカーのハードウェアは4~5年利用すると、リプレース作業が発生します。さらに、本社移転、新オフィスの構築案件、フロアー増築案件などの仕事が定期的に発生します。安定した仕事があるので、将来は比較的に安定しています。

 

現在では、クラウド化がすすんでいるので、クラウドに精通している人材の数が少ない状況にあります。

さらに、今後はIotなどで家電製品が常時インターネットに接続している社会が出来ていきます。

この流れはさらに加速していくと考えられます。今後を考えるとネットワークエンジニアが求められる場が増えていくと予想されます。

 

 

ネットワークエンジニアのまとめ

 

「ネットワークエンジニアについて」はいかがでしたか?

ネットワークエンジニアはクラウド化が進んだことで、一時は仕事が減るのでは?との声もありましたが、今では仕事が増えている状況にあります。

今後もネットワークエンジニアは人材不足になると予測されるので、将来は安定しているかと思います。

最近はサーバー、ネットワークのセキュリティーを強化する動きが見られます。先回りして勉強をして、実績を積んでおくと今後の単価アップにつながると思われます。

 

<< トップへ戻る

 

 

 

お問い合わせ

 

【ITフリーランス・エンジニアのお仕事紹介】

レナータでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に地方も福岡、大阪、仙台等、全国で多くのエンジニアに案件をご紹介しております。上流〜下流、JAVA、C#などのオープン系言語の開発案件やインフラ、コンサルティング案件と、様々な案件が沢山あります。非公開の案件も多くございますので、ぜひご相談ください。

 

【対応地域】

中央区・中野区・練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区など東京を中心に埼玉、神奈川、千葉をはじめとした一都六県、また仙台・大阪・福岡・大分といった地方でもエンジニアのお仕事紹介実績、案件がございます。

エンジニア、フリーランスで案件をお探しの方は、ぜひエントリーください。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

新着案件

サービス

エンジニアの声

お仕事までの流れ

よくある質問

会社概要

社長挨拶

法人様お問い合わせ

エントリー

 

 

 

株式会社レナータ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町6番7号

渋谷アムフラット1階

TEL: 03-6416-0615