アジャイル開発のメリットとデメリット

 

アジャイル開発とは?

システム開発において、これまで「ウォーターフォールモデル」という、上流から下流にむけてシステムを開発する手法が主流でしたが、 2000年代以降新たに、「アジャイル開発」という手法が登場しました。


アジャイル開発は、これまでの手法よりも、開発期間が大幅に短縮されることがほとんどです。 今回は、アジャイル開発のメリットやデメリットについてご紹介いたします。

 

アジャイル開発

 

 

アジャイル開発とは?

 

アジャイルはとにかく早い

アジャイル(Agile)とは、「素早い」「機敏な」「頭の回転が速い」という意味です。

アジャイル開発では、ソフトウェアの厳格な仕様を決めないで、「設計は変更される」という前提に立って開発を進めていきます。

 

アジャイル開発は早い

 

従来の設計を決めてから開発する方法に比べて、、開発スピードが全く違います。とにかく開発スピードが速いのがアジャイルです。

 

アジャイルは2001年に、軽量のソフトウェア開発をすすめていた技術者やプログラマーがアメリカへ集結し、開発手法の重要な部分について議論しました。それをまとめたものが「アジャイルソフトウェア開発宣言」です。


ソフトウェア開発とそれに基づく12の原則を定義しており、2017年現在もアジャイル開発の公式文書として広く知られています。

 

機械製造や造船業、ソフトウェア開発などさまざまな開発に応用できる手法として、広く活用されています。

 

 

アジャイルのデメリットとは?

 

全体の状況を把握しずらい

アジャイル開発はとにかくスピードを優先させています。そのため、計画段階では大まかな仕様しか決めていません。

 

全体を把握しずらい

 

アジャイル開発は小さいテストやフィードバックを繰り返して行くことで開発を進めていきます。状況に応じて開発をするので、こまめに進捗状況を確認していかないと開発の方向性がぶれてしまうという可能性があります。

チームワークが非常に大切になります。

 

アジャイル開発ではテストを繰り返してるうちに、最初の計画からずれてしまった・・・なんてこともある模様です。

逆に、ずれてしまった結果、よいソフトウェアができる可能性もあります。

 

ウォーターフォール開発の場合は最初に明確な基準を作り、開発スケジュールなどの計画を決定していくため、スケジュールが管理しやすくなります。どちらの開発を選ぶのかは、設計するシステムや予算など、状況に応じて選択されます。

アジャイル開発においては、他の手法より、技術力とコミュニケーション能力が高く、プロジェクトを牽引していく力があるエンジニアの存在が不可欠となります。

 

 

アジャイル開発に必要なものとは?

 

クライアントの協力が必要

クライアントが協力的な場合はアジャイル開発を選んでも問題はありません。しかし顧客の要望がコロコロ変わる場合は注意が必要です。途中で予算オーバー、納期をオーバーしてしまう可能性が高くなるケースもあります。

 

 

クライアントは自社のシステムに何が必要で、どんな 仕様が必要なのか、不明確な場合がある可能性があります

そこを上手く聞き出し、調整するのがシステム営業やプロジェクトマネージャーの役割ですが・・・現実には、要望をうまく聞き出せないまま開発してしまうこともある模様です。

 

要求や仕様、優先順位がはっきりしている場合はアジャイル開発でも問題ないかと思います。優先順位や仕様が変更になりそうな「におい」がする場合は従来のウォーターフォールの開発をするようにしたほうが、リスクは少ないかもしれません。

 

「プロジェクト全体の8割くらいの要件が決まっている場合、アジャイル開発を優先して検討する」など、ある程度の基準を設けておくと、開発がスムーズになるでしょう。

 

 

アジャイル開発のまとめ

 

アジャイル開発は、強いコミュニケーションを用いた、「チーム戦」という色がより強い手法です。

開発スピードがかなり速くなるので、ベンチャー企業やスタートアップ企業において、積極的に取り入れるところも多々でてきている模様です。その反面、アジャイル開発は、顧客の要望を正確に理解した上で、プロジェクトの進行を正確にコントロールしておかなければ、納期に間に合わないなどの危険性が高まる可能性があります。
もしアジャイル開発を検討している場合は、メリットとデメリットをよく考慮し、バランスの良いシステム開発の計画を立てるよう、最新の注意を払う必要があります。

 

<< トップへ戻る

 

 

 

お問い合わせ

 

【ITフリーランス・エンジニアのお仕事紹介】

レナータでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に地方も福岡、大阪、仙台等、全国で多くのエンジニアに案件をご紹介しております。上流〜下流、JAVA、C#などのオープン系言語の開発案件やインフラ、コンサルティング案件と、様々な案件が沢山あります。非公開の案件も多くございますので、ぜひご相談ください。

 

【対応地域】

中央区・中野区・練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区など東京を中心に埼玉、神奈川、千葉をはじめとした一都六県、また仙台・大阪・福岡・大分といった地方でもエンジニアのお仕事紹介実績、案件がございます。

エンジニア、フリーランスで案件をお探しの方は、ぜひエントリーください。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

新着案件

サービス

エンジニアの声

お仕事までの流れ

よくある質問

会社概要

社長挨拶

法人様お問い合わせ

エントリー

 

 

 

株式会社レナータ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町6番7号

渋谷アムフラット1階

TEL: 03-6416-0615