Javaとはどんな言語なのか?

 

人気と需要のあるプログラミング言語のJava

Javaはプログラム言語のなかでも、もっとも標準的な言語です。

開発現場でも人気があるため、使えるようになると仕事が多く得られる可能性があります。学んでいる人が多く案件が豊富にあるので、「まずはJavaから勉強する」という人も多いのが現状です。

 

 

JavaはC言語の構文を一部引きついだ言語であり、アンドロイドのアプリ開発などにも使われています。日本でスマートフォンと言えばiPhoneですが、世界シェアではアンドロイドOSのスマートフォンが若干高い模様です。

シェアが高いという事は、それに関連する仕事の案件も多いという事です。

しかしながら、実際の開発現場ではJavaだけという事はあまりありません。他の言語も一緒に勉強する必要があります。フリーランスで仕事をする場合、Javaだけでなく、ほかの言語の経験もあれば、優遇されます。

 

Javaの特徴とは

 

多くの環境で動作するJava

Javaはサン・マイクロシステムズが開発した言語です(現在はOracleに買収されています)。各OS向けにJavaの開発ソフト、ツール、SDKなどが無料で配布されています。

しかし、純正の開発ソフトを使っている人は少ない、実際には自分で開発環境を整えている人が多いです。本格的に開発をする場合、プログラムの生成、実行、ドキュメントの作成など、すべてが一つのソフトウェアでできる環境を作るのが一般的です。

 

Javaは一度プログラムを書けば、どの環境でも高い互換性を持って動くことを思想として作られた言語です。

「Write once, Run anywhere(一度書けば、どこでも実行できる)」というスローガンを掲げている事でも有名です。そのため、Javaで書かれたものは、WindowsでもMacでも、Linuxでも動かすことができます。とても便利ですね。

 

そんなJavaですが、文法や記述方法はC言語に似ています。

 

 

さらにJavaはOSに依存しないという特徴があります。どんな環境でも動くのが魅力のひとつだと言われています。メリット、デメリットがありますが、多くの開発環境で使われています。Javaの動作環境は「クライアントサイド」「サーバサイド」「スマートフォンアプリサイド」に分類できます。

現在とても需要があるので、どの開発現場でも、人材不足と言われています・・・Javaで作れられたものは、マインクラフトなどが有名かもしれません。

 

 

Javaを動かすには

 

Javaを動かすには、コンパイルが必要になります

開発する側にも、運用する側にもメリットのある便利なJavaですが、Javaを動かすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

プログラミング言語は、プラットフォームやOSごとにコンパイラが用意されていて、特定の環境でしか動かすことができません。

Javaはコンパイル言語のひとつで、プログラマーがテキストを打ち込みソースコードを作ります。それをコンパイラという変換機でバイナリ形式に変換します。この作業をコンパイルすると言います。バイトコードは人間が読んでも理解ができない形式になっています。人間言から機械言に翻訳するような感じです。

 

Javaコンパイル

 

Javaはソースコードをコンパイルすると、クラスファイルが作られます。プログラムファイルを動かすには、JVMを起動して実行させたいクラスファイルを読み込ませます。

 

JavaプログラムはプログラムとOSの間にJVMという中間コードをプラットフォームごとに、返還する仮想マシンがあります。

JVMはWindows用、Linux用、Mac用とそれぞれに用意されています。JVMがあるおかげで、OSがWindows、Mac、Linuxなど、色々な環境でも、Javaを動かすことができます。

 

 

Javaのメリットとは

 

大手企業で数多く使われています

Javaは多くの大企業のシステム「基幹業務、人事、給与、労務、アプリ、ECサイト」などで多く利用されていますそのため、Javaは多くの案件があり、安定して仕事をすることができます。そんな理由もありフリーのエンジニア数も多いのが特徴です。

「フリーランスになりたい」と思ったときに、案件が安定してあることは、生活の基盤になるのでとても安心だと思います。

 

一般的には、一度システムを開発すると、セキュリティーやコストの問題、リスクの関係で他の言語になかなか変える事ができません・・・言語を変えてしまうと、セキュリティーや運営のノウハウ、設計の変更、それを実現するための技術者などが必要になり、あまりにもハードルが高いからです。

 

 

よって、いちどJavaで作られたものは、引き続き、Javaで運用されることが多いのです。会社によっては、開発スピードを上げるために独自にフレームワークを作るところもあります。Struts、JSF、Spring Framework、Java EEなどはよく利用され人気があります。

 

Javaにはその他にも、

・コンパイルをするので処理速度が速い。エラーを発見しやすい。

・プラットフォームに依存しない。

・オブジェクト指向なので、複数の人数で開発ができるので効率がよい。

・アンドロイドなど、スマートフォンに利用されている。ゲームなどの動的なコンテンツを作れます。

・ライブラリがたくさんある。

・サーバー側に設置するため、機密保持がしやすい。

・表示される結果はHTMLなので、ブラウザに左右されない。

などのメリットがあります。

しかし、そんなJavaにもデメリットはあります。

 

Javaのデメリットは

 

JVMが動かせるような、ある程度リッチなプラットフォームで無ければ使えません。さらに、JVM上でしか動かないので、JVMがないプラットフォームでは利用することができません。

世間には JVMの存在しない・存在できないプラットフォームがあります。そのような環境では Java は使うことができません。

 

用途が限定される

Javaはハードウェアを直接さわるようなプログラミングはすることができません。物理CPUに関わるOSやデバイスドライバの開発はすることができません。

 

 

Javaの将来性とは

 

案件は多く、これからも食べていけます

Javaはアンドロイドの開発や大規模案件などの開発で使われています。人材不足気味なので、しばらくは仕事に困ることはありません。

 

 

Javaは中規模案件では、あまり使われていない模様です。中規模の案件では、PHPやRuby on Railsなどがより選択されているように思います。

今後も大規模システムでJavaプログラマが必要とされることが多くなると予想されます。最近では、マイナンバーなどにJavaが利用されたのは有名かもしれません。

現場ではコミュニケーション能力が高い人材が求められています。エンジニアのスキルと自ら自発的に働ける人は、引く手あまたな状態です。

 

 

Javaのメリットデメリットまとめ

 

Javaのメリット、デメリットはいかがでしたか?

Javaは、汎用性が高く、どの環境でも同じように動いてくれるので、大手企業などで多くの案件があります。

さらに、Javaのエンジニアになる人は、今も昔も仕事が安定しているように思えます。

フリーランスになる場合、攻めの姿勢も大事ですが、守りも大事です。一時的にフリーで儲ける人は多いですが、勝ち続けるには思想がとても大切です。よいものを作り、社会の役に立ちたい、新しい技術を吸収していきたい・・など、仕事を通じて、成長していく事が大切です。

フリーとして長く食べていく秘訣は、言語の選び方も大事なのですが、どんな想いで仕事をするのか?も大切になります。

もし長い期間、フリーのエンジニアとして仕事をしていきたい!!と思ったら、ぜひコミュニケーション力や人間力を成長させるようにしましょう。より長く仕事をするための本質だと思います。

 

<< トップへ戻る

 

 

 

お問い合わせ

 

【ITフリーランス・エンジニアのお仕事紹介】

レナータでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に地方も福岡、大阪、仙台等、全国で多くのエンジニアに案件をご紹介しております。上流〜下流、JAVA、C#などのオープン系言語の開発案件やインフラ、コンサルティング案件と、様々な案件が沢山あります。非公開の案件も多くございますので、ぜひご相談ください。

 

【対応地域】

中央区・中野区・練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区など東京を中心に埼玉、神奈川、千葉をはじめとした一都六県、また仙台・大阪・福岡・大分といった地方でもエンジニアのお仕事紹介実績、案件がございます。

エンジニア、フリーランスで案件をお探しの方は、ぜひエントリーください。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

新着案件

サービス

エンジニアの声

お仕事までの流れ

よくある質問

会社概要

社長挨拶

法人様お問い合わせ

エントリー

 

 

 

株式会社レナータ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町6番7号

渋谷アムフラット1階

TEL: 03-6416-0615