Java系エンジニアの需要とは

 

Java系エンジニアになると

Javaは、プログラム言語のなかでも、もっとも標準的な言語と言われています。Javaを使った開発現場も多く、大規模な案件も数多く存在します。

さらに、エンジニアが不足している現状なので、今後もJavaを習得するのはとてもよい選択といえます。

 

 

そんなJava系のエンジニアの需要についてご紹介いたします。

 

Javaの需要とは

 

多くの開発現場で、いまだにJavaが使われています。

大手会社の作ったシステムは、Javaが多く、新しい言語に一気に変更されることは少ないのが現状です。特に金融業界などは、Javaが採用されている事が多く、実務経験があると有利になります。

 

そのため、Javaでの開発、人材がかなり必要とされています。この傾向は、今後も長期にわたって同じである可能性が高いです。つまり、Javaを勉強して、実務経験を積んでおくと、今後も長く食べていく事ができます。

Javaの案件としては、オンライン決済システム、クラウドシステムパッケージの開発など、需要は様々あります。

 

 

サーバーサイドでのJavaの需要とは

 

システムを発注するお客様は、サーバとして、WindowsでもUNIX系でも使用できることを求めています。

Windows系は中堅から大手、UNIX系は大手から超大手のシステムで利用されることが多いです。

さらに開発スピードを上げるために、フレームワークであるStruts、Java EE、Spring Framework、Play Frameworkなども採用される現場が多い模様です。

 

 

スマホアプリでのJavaの需要とは

 

スマートフォンのOSについて、世界的には、Androidの方が多く、日本でのみiOSが過半数となっています。

スマホアプリの場合、「iOS」と「Android」の両方のプラットフォームでの対応されることが一般的です。

 

ゲーム開発の場合は、「Unity」などのマルチプラットフォーム対応開発環境を使います。

アプリ開発の場合には、Adobe AIRのようなマルチプラットフォーム対応開発環境を使うことがあまりなく、AndroidアプリはJavaエンジニアが開発します。

「Android」向けのエンジニアはサーバーサイドのJavaに比べ、エンジニアが少なく、比較的若い技術者がスマホ開発に関わっている傾向がある模様です。

スマホ向けの開発は、今後も需要が増え、案件が増え続けると予測できます。

 

Javaを使える人材が不足している

 

日本ではJavaを使える人材が不足しています。海外にアウトソースされることも増えてきています。

そのため、入社当初にJavaプログラマとして働いていた人たちは、プログラマを卒業して、設計の上流工程に携わり、ステップアップしてきます。

 

<< トップへ戻る

 

 

 

お問い合わせ

 

【ITフリーランス・エンジニアのお仕事紹介】

レナータでは、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に地方も福岡、大阪、仙台等、全国で多くのエンジニアに案件をご紹介しております。上流〜下流、JAVA、C#などのオープン系言語の開発案件やインフラ、コンサルティング案件と、様々な案件が沢山あります。非公開の案件も多くございますので、ぜひご相談ください。

 

【対応地域】

中央区・中野区・練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区など東京を中心に埼玉、神奈川、千葉をはじめとした一都六県、また仙台・大阪・福岡・大分といった地方でもエンジニアのお仕事紹介実績、案件がございます。

エンジニア、フリーランスで案件をお探しの方は、ぜひエントリーください。

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

新着案件

サービス

エンジニアの声

お仕事までの流れ

よくある質問

会社概要

社長挨拶

法人様お問い合わせ

エントリー

 

 

 

株式会社レナータ

〒150-0044

東京都渋谷区円山町6番7号

渋谷アムフラット1階

TEL: 03-6416-0615